地味な女のカナダ生活

カナダのトロント14年目になりました。自力で移民してアラブ系カナダ人と結婚。今は5歳と2歳の子育て中です

日本語講座

今日は外は天気予報がバッチリ当たり

雪、雪、雪

今年はトロントは雪が少ないようで

Twitterでは吹雪いているのにも関わらず

やっぱり冬はこれじゃなくては!

イェーイ 雪だー!

と喜びのツィート

 

なんやそれ 

 

なんやかんや言って雪がないと落ち着かないのだろうか。。。トロントニアン。。

 

 

という事で我が家は今日も引きこもり決定

今日は熊五郎が休みなので子供達を熊五郎に任して私は洗濯物を始めたのだが

 

「よし、日本語のレッスンをしよう!」

 

嫌な予感がする

 

「日本語?」

 

「ネットで見つけたんだよ」

 

信用ならん

 

「では始めます! これは?」

 

腕を掻く熊五郎

 

「itchy ? 」

 

「正解!じゃあこれは?」

 

膝を差す熊五郎

 

knee ?」

 

「ハイ またまた正解! 次はこれ」

 

太陽を描く熊五郎

 

「Sun? 」

 

「完璧だよ! ではこれは?」

 

人差し指を顔の前に立てる熊五郎

 

「Shhhhhhh? 」

 

「すごいよ 大正解。では最後」

 

走る振りをする熊五郎

 

「Run??」

 

「違うよ レッツ??」

 

「go?」

 

••••••••••••
まさかこの男、日本語で、一から五を教えているのでは

 

満面の笑みで

「大正解!

 

周りくどすぎるわぃ

 

「いいか!こうやって覚えなさい

Itchy(イチィ) Knee(ニィ)Sun(サン)Shh(シー)

go(ゴー) 

つまり

痒いな膝が、、そうだ太陽に向かって静かに行こう

って事さ」

 

あほとちゃうか?

そんな訳わからん文、それ自体忘れるわ

 

息子はワケワカメ状態でキョトンとした後

 

「イチ、ニー、サン、シィ、ゴー、ロク、

ナナ、ハチ、キュー、ジュウ」

 

普通に日本語で一から十を数えていた

熊五郎の日本語講座、あっさり終了である

 

言語は考えすぎない方がすんなり入ってくるのだが、、、

 

そういえば、元雇用主も

おはようはOhioとして覚えたよ

アメリカのオハイオ州と同じ!

と勘違い発見をして嬉しそうだった

オハィヨ

 

日本語は日本語で覚えてくれ。。。