地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。ギリホリから始まり移民プログラムで移民をし,アラブ系カナダ人と結婚。今は4歳と1歳の子育て中です

イチャつくカップル

子供は旅行前などに熱が出がちだが大人は帰宅後に体調崩しがちだと思う

私も連日続いた外出に疲れ果て翌日、微熱

 

グッタリしている私の横で前日の疲れなんか全く感じさせない子供達はピョンピョンしていた

 

連日の外出の最終日、地下鉄の乗り換えのエレベーターに向かっている時、一組のカップルが目が入った

ちょっくら80年代風のそのカップル、いやアベックは完全に自分達の世界だった

 

カナダに住むようになってからカップルが人前でイチャイチャするのに何も思わなくなった

だがあのアベックはかなり印象に残った

 

ぴったりと抱きしめ合い、見つめ合うアベック

その仕草一つ一つがまるで舞台で演じている感じだった

 

「多分、別れを惜しんどるやな」

 

ぐらいしか思わず、自分達の世界に浸るアベックの横を通り過ぎた

だがエレベーターに乗り、乗り換え場所に移動した先でさっきのアベックがまたいたのである

 

別れちゃうかったんかい!

 

さっきより更に舞台感が増しており、そのまま2人でチャチャでも踊ってしまうかの勢いだった

周りには仕事帰りの疲れ果てた人々や私と同じで子供達をどこかに連れて行ってクタクタになっている大人達

そんな人々の中で情熱に愛を語り合うアベック

 

まさかこんな所でフラッシュモブとか?

結局電車が来ても別れる事も踊りが始まる事もなく、一緒に乗車していった

 

そして駅に着いた私達はまたエレベーターに向かったのだが、、改札近くに着いてエレベーターが開いた時

まさかのあのアベックがまた目の前でイチャイチャしていたのである

 

って言うか

このアベック、、

移動めっちゃ速いやろ

 

あんなに情熱にまったりと語り合っていたのに

階段一段抜かしして上がってきたのか。。

 

 

その時だった

私がアベックを避けようとした所

アベックはお互いにパッと離れたのである

 

真ん中通れってか。。。

私達は彦星と織姫の真ん中を流れる天の川ごとく2人の間を流れていった

 

なんか。。。すいまへん

 

その後チラッと後ろを見たら2人は、瞬間の別離からの再会を喜ぶようにまたぴったり。。。

 

なんなんでしょうか、、このミュージカル感

 

ならばと私も負けずに最後の力を振り絞って

無事に駅に着いた喜びのステップを披露

 

 

誰一人として目を留めてくれなかった。。

 

 

 

 

タピオカ

今やトロントにあちこちにあるタピオカがあるドリンク屋

注文すると必ず

「タピオカを入れますか?」

と聞かれる

 

私は基本タピオカを入れない派だ

どのドリンクも基本、全力で吸い上げるためタピオカがそのまま味わう事なく通過してしまう

たとえ通過しなかったタピオカがあったとしても噛む行為が非常にめんどくさいと思ってしまう

 

そしてもう一つの理由はあの女にある

あの女とは、私がカナダに初めて来た時に一緒につるんでいたスイス出身のシェアメイトCだ

 

それこそ10数年前はタピオカを扱っている店は少なくアジア系の店にひっそりと置かれていた

 

ある日、Cといつものようにブラブラとトロントの街を歩いていた

 

歩き疲れた私たちは座れる場所を探したのだが周りにはなく、しばらく歩いた所でお世辞でも

綺麗とは言えない、すたびれたアジア系の店を発見した

 

そこには当時は珍しいBubble tea が置いてあった

タピオカを知っていた私は久しぶりに飲んでみたくなり、あまり乗り気ではないCを引っ張って店に入った

 

私は普通にタピオカが入ったドリンクを注文しようとした所でCに思いっきり腕を掴まれ外に出されたのである

 

「Tsuki !!!!! この店はヤバイわよ」

 

そしてCは超真剣な顔でこう続けた

 

「レベット レベット

レベット」

 

ヤバイのはどう考えてもお前だろ

 

「何?? レペットって何よ?」

 

「カエル カエルよ この店、、、、、ゲテモノ扱い店よ」

 

この時初めてカエルの鳴き声はグワッグワッではなくレペッ (ト) レペッ(ト) と言うのを知ったのだが、そんな事どうでもよかった

 

「カエル? はぁ?」

 

あなた もう少しでカエルの卵食べる所だったのよ!!!」

 

タピオカ

イコール

カエルの卵??

 

うーーけーーるーーー

 

「確かに似ているけどそんな訳ないやん」

とまじでウケる私に

 

「じゃあ Tsukiはタピオカが何からできてるんか知ってるの?」

 

当時は今の時代のように簡単に調べる事は出来なかった 

特に私の場合、インターネットは図書館にあるパソコンのみだった

 

回答に詰まる私に

 

「ほらっ知らんやん Tsukiは今までカエルの卵を食べてたのよ   おぞましい。。」

 

カエルの卵と甘い飲み物がマッチしんわぃ

と言いながらも、カエルの卵を真剣に連発するCを前に、この怪しげな店はもしかしたらカエルの卵使ってるかも知れんと思ってしまったのである

 

その日以来

タピオカがどうしてもカエルの卵に見えてしまうのだ

卵からおたまじゃくしになりカエルと成長する姿までも想像してしまう重症状態に陥っている

 

あの女は今でもタピオカをカエルの卵と本気で思っているのだろうか?

それとも、そんな事言ってたバカがどっかにいたなと何食わぬ顔でオシャレにタピオカを飲んでいるのだろうか?

 

私も流行にのりたいんや。。。

私のタピオカ、、カエルーーー

 

 

 

 

 

 

カニ

一体最後にカニを食べたのはいつだっただろうか

カニといえば実家で家族全員が揃いカニすき(カニ鍋)でカニの争奪戦を思い出す

という事は、、、

20年ぐらい、いやもっとか、、、

自称カニ好きの割に全く食していなかったのである

 

そんな中、カナダで有名なレストランの

Red LobsterがCRABFEST開催中なのが目に入った

「長らくカニたべとらんな。。。」

という妻の言葉を聞いた熊五郎

「よしっ 今日はRed Lobster ヘ行こう!」

と提案してくれた

 

ちなみに熊五郎カニを食した事はなく、息子と見るPlanet Earthの番組で巨大なカニが出てきた時は

「グロいな。。」

と言っていた

 

私は出発前から全メニューに目を通すぐらい張り切っていた

Red Lobster の売りはやはりロブスターだが

私の心はカニで揺るがなかった

 

Red Lobster について早速注文

私が注文したのは

Wild-Caught Snow Crab Dinner 

カナダ産のカニである

熊五郎が注文したのは

Crab Linguini Alfredo 

子供達は

Golden fried fish

Grilled tilapia 

 

正直熊五郎カニが入っているパスタを注文したのには驚いた

「Tsukiがカニカニ言うから僕もカニにするよ」

 

まずは私の頼んだのが運ばれた

「ohhhhhhhhh」

息子と共に声を上げる熊五郎

f:id:tsukicanada:20190820015153j:image

カニと言えばこれでしょ

 

「マミィ これ食べるの?」

と引いている息子の横で熊五郎はもっと引いていた

「どうやって食べるのか?」

そんなもん手でバキバキ割って食べる。。

と、そこで

f:id:tsukicanada:20190820015718j:image

これらに目がいった

実は私はこのカニハサミ?とやらを使用した事はなかった。。。

だが興味津々で見る熊五郎と息子に見栄を張ったのだ

 

バキバキバキバキ

イライライラ

早く口に入れたいのにこのハサミに手こずったのである

 

てゃんでぃ

ハサミなんかいらんわぃ

 

私は力自慢のようにカニをボキッボキッ次から次へとと折ってはカニ身を取りだし、味わった

のである 

 

うまい うまい うますぎる〜

 

そんな私の前で凍っていた熊五郎

夢中になってカニを食べている私に熊五郎は食欲を失ったらしく、二口しかパスタを食べなかった(お持ち帰りして次の日の私のランチになった)

結局、息子と娘の魚を食べていたのである

 

「僕はね、、、寿司に入っているのでいいよ 殻を割って食べるのは抵抗があるよ」

 

••••••••

 

熊五郎さんよ、、、それ、、、、、

カニカマ、、、、、な、、、

 

 

 

 

 

金縛り

昨晩、熊五郎が金縛りにあったらしい

意識はあるのに身体が動かなかったらしい

 

そもそも金縛りはどうして起こるのか?

 

金縛りは環境の変化や睡眠不足、疲労、ストレスなどが原因で起こる睡眠麻痺である

 

睡眠には【ノンレム睡眠】【レム睡眠】【覚醒】があり、簡単に言うとノンレム睡眠の時は深い眠り、レム睡眠の時は浅い眠り(夢を見ている状態など)

 

レム睡眠時は身体の筋肉が弛緩して動かないようになっているのだが、この状態の時に突然目覚めてしまう状態が睡眠麻痺、金縛りといわれている

 

「指先がかすかに動いただけで全く身体が動かなかったよ  苦しくてすごく長い時間だったような気がする」

 

「霊とか怖いもの見なかった?」

 

「はぁ?」

 

実は私も過去金縛りにあっている

中学生時代だったが今でもはっきり覚えている

 

突然ビィーーーーという感じの音が聞こえた気がしたら、部屋の隅に人影らしきものを見た

それは不気味で私は恐怖心で身体を動かそうとしたが全く身体が動かず、声すら出なかった

 

するとその不気味な存在がゆっくりと近づいてきたのだ

 

ひぇーーーーーー

だずげで〜〜

 

っていうか

誰やねん お前

 

よくよく見ると

 

めっちゃくちゃ太ってはった

 

デブった化け物はそのまま私に近づいてきた

怖いよ〜怖いよ〜 殺される〜

と目をつぶった瞬間

 

ぐるじぃ

 

息ができないくらい自分の上に何かが乗っている感覚

恐る恐る目を開けると

 

デブった世にも恐ろしい化物が私の上に乗っていた

 

ぐるじぃ。。。ぐるじぃけど、、、、、

なんで正座

 

その化物はまっすぐ前を向いて正座していた

 

自分が座布団になった気になり、このままペシャンコになってしまうと必死で手を動かしたら指が動き、それと同時にデブった化物が消えたのだ

 

夢にしてもリアリティがありすぎた

 

これが私の金縛り体験だ

 

というのを霊とかオカルト系を全く信じてない熊五郎に言った所で笑われて終わると思ったが

 

「その話、、、その話、、、本当か?」

 

「信じないと思うけどな」

 

「いや、、、その話、、、 まさに母さんが言ってた話と同じだよ」

 

当時、義母は自分の身に起きた恐怖体験を家族に話したが誰一人として夢を見ただけと信じなかったらしい

 

「びっくりしたよ」

 

私もまさか義母もデブった化物に乗られているとは、、

全く今まで共通点がなかった義母と私だが、思わぬところで見つかったのである

 

ちなみに金縛りの時に体験する恐ろしいのは夢の一種で、心拍数や呼吸の乱れが胸の圧迫を起こさせ、それが脳が誰かや何かが上に乗っていると幻覚を起こさせるらしい

 

私の脳よ

何を思ってそんな幻覚を作りだした。。。

確かに怖かったけど設定に無理があるぞと今では思う

 

 

 

 

 

 

疑い

子供達と公園に行った時、2歳になったばかりの娘は公園にいるスズメや小さな鳥を見つけては話しかけて一緒に遊びたいのか、ハローハローと行ってすぐ近づいていく

 

そっと近づく事などまだできない娘は全身で突進していくので鳥達はバッサーと飛んで行ってしまう

 

それを見ていた息子が

「なんで 飛んで行ってしまうんやろ」

と呟いた

 

「そりゃ びっくりしてるんやろ」

 

「じゃあ ゆっくり行ったら飛んでいかないかな?」

 

と言う息子に私は

 

「〇〇(息子)でもいきなり何かが突進してきたら逃げるやろ? 鳥も自分の身は自分で守ってるんやで」

 

「そっかぁ 僕もストレンジャーには絶対について行かないし話も聞かない

たとえキャンディをくれてもおもちゃをくれても、マミーが待っていると言われても知らない人だったらすぐ逃げるよ そして 911 Help

と言うんだ」

 

母、感心

 

「そうやでー この鳥達みたいに無視してその場を去るんやで」

 

ここまではよかった

 

そこへちょっと離れたベンチに飛んできた一羽の鳥

 

私はその鳥に

「鳥さん 鳥さん ちょっとこっちへおいで」

と冗談ながらに話しかけてみた

 

テクテクテク

 

オィオィオィオィ

何、普通にこっちに来よんねん

 

「えっっ!」

息子が横でびっくりしていた

 

「鳥さん ストップ」

 

テクテクテク 、、、ピタッ

 

うそやろ オィ

 

「おいで。。。?」

 

テクテクテク  

 

ここで娘走り寄ったので

バッサーと飛んでいった

 

鳥のように警戒しろと言った私って一体。。。

息子はその時はあえてコメントしなかったが

 

その夜

熊五郎と息子が何やら話し込んでいた

私が部屋に入ったのをみて息子は

「マミー実は耳の後ろにもう一つ耳がある?」

 

はぁ???

 

「マミーは地球外生物じゃないよね?」

 

はぁ???

 

「野生の動物は人間の言う事分からないんだよね  分かるのはエイリアンとかの地球外生物の可能性があるって今ダディが教えてくれた」

 

おっさん 何言うてくれてんねん

 

「マミーは人間やで 安心しぃ あの鳥はもしかしたら誰かに飼われていたペットやったんかも

それか偶然か  たまたまの出来事やったってなわけ」

 

とは言ったものの、もしかしたらあの鳥さんと私は本当に通じ合っていたのかも、奇跡の対談となっていたのではないだろうか

 

そういえば動物園でも猿と数分見つめあった後

今日は暑いな

と猿に言ってみたらたら猿は手を挙げ滝の方へ向かった

 

ムツゴロウさんを超える王国ができるのではないかと少しばかり思っている

 

 

 

 

 

 

 

 

小児歯科

半年前の幼稚園での歯の検診では虫歯はなかったが

息子のサマーキャンプも終わった事だし、幼稚園までは後3週間あるという事で近くの小児歯科に息子の歯のクリーニングとレントゲン、チェックアップを予約して今日行ってきた

 

Health centreの建物の中にはびっしりと様々なクリニックが入っており、今日行った小児歯科もその中の1つでクリニック自体は大きくはなかったが、さすが小児歯科である

 

入った途端に子供にとってはワクワクするように工夫されている

クリニック自体がカラフルで魚さんの壁紙やテレビはポケモンが流れ、本もたくさん置かれていた

 

そして隅にはNintendo Switch が設置

 

初めてだった息子は待たされたが全然問題なく

待ち合い室でかなり楽しんでいた

予約時間から15分遅れで呼ばれ、とりあえず一緒に部屋に入った

 

最初はクリーニングからで歯科衛生士さん登場

まずは息子にクリーニング中に見るDVDをどれにするか、コレクションの中から選ばせてくれてクリーニングが始まった

 

さすがである

 

穏やかに話し、不安を除いていく歯科衛生士さんの戦法

息子はリラックスしていた

 

そんな息子をもっと見ていたかったが、そうはさせないのが2歳になったばかりの娘である

周りの可愛いらしい飾り付けや物が気になってしょうがないのである

 

このままでは終わるまでは持たないと判断

私は娘を連れて退室した

 

クニーニングが終わり、レントゲン

レントゲンを許可する書類にサインをして

息子は三本(右、左、前)のレントゲンを撮った

 

そしてレントゲンを終えた息子は違う部屋に移動し、検診  

大丈夫かなと心配する私だったが

息子はかなり余裕な表情で戻ってきた

 

「お母さん、〇〇はとても良い子でしたよ」

 

「ありがとうございました」

 

「でも残念ながら左上の奥歯に小さな虫歯があります」

 

がっびーーーーーーん

 

まさかの虫歯。。。。。。。

 

自分の虫歯よりも数百倍ショックだった

私が歯で苦い思いをしてきたので息子や娘のケアはそれなりにしっかりしているつもりだった

 

小さい虫歯なので1日で終了し、麻酔も必要なしかもしれないらしいが。。。

 

すまん。。。息子。。。

 

頭が真っ白になった

 

「合計は287ドルです」

 

すばやく現実に戻ってきたよ

クリーニングとレントゲンと検診で300ドル弱。。。

 

カナダ、オンタリオ州は歯科以外の医療費は州のヘルスプログラムOHIPに加入していれば無料だが、歯科は実費か、個人または会社で保険に入る事になっている

 

大抵の歯科は保険でカバーされない何割かを受け付けで請求されるのだが、小児歯科は専門なので全額払ってから保険会社に請求(歯科がしてくれた)となっているらしい

 

幸いにも熊五郎の会社の保険が9割($258.30)払ってくれるらしく実費は28.7ドル

(銀行に振り込みなら2.3日

チェックだと2週間ぐらいに送られてくる)

 

助かった。。。。

 

独り身で保険がなかった頃は歯科治療が大きなストレスだった

 

 

そして虫歯治療は2週間後となった

 

「はぁ。。。。〇〇に虫歯があったとは。」

 

落ち込んでいる私に

 

「早く分かってよかったよ。ひどくなってからではもっとかわいそうだよ 連れて行ってくれてありがとう」

 

 

熊五郎よ。。。お前ってやつは 。。。

ありがさん。。。。、

 

「ってか歯医者もなんか見つけなきゃと必死なんだよ 不景気だろ

 

この能天気男

 

 

今日から我が家はさらにしっかり歯磨きとフロスも追加していく事にした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再会は突然に

去年あたりにアメブロで書いた話

インパクト大だったお兄さん | カナダであれやこれやの毎日

 

なんとこのインパクト大だったお兄さんに再会した

買い物から帰る途中、遠くからでもそのお兄さんだと分かった

 

オーラが違う

 

と言いたいところだが、

またまたタンクトップ切っとるがな

 

遠くからでも相変わらず鍛えまくりで筋肉モリモリ、タンクトップは見事にピチタンになっていた

 

俺様の季節がやってきた

 

と言わんばかりに肉体を見せるように軽くスローモーション気味で歩いていた

私の前にはまたまた若いお姉さんが歩いていたのだが、、、

 

お姉さんは電話に夢中で多分このマッチョお兄さんなど眼中にはなかったとは思うのだが

マッチョお兄さん、どうしてでもこのお姉さんを振り向かせたかったのだろうか、、、、

 

歩くのを止めていきなり段になっているところに立ち爽やかに仁王立ち

 

そして軽く筋肉アピール

 

お姉さん、、、

ガン無視

 

(もうやめておけ)

 

と少々哀れに思った所で、、このマッチョお兄さんとさっきから目が合っている事に気づいてしまった

 

えっっっ

あたす???

 

あたすに筋肉アピール???

 

いきなりの降ってきた状況に焦ってしまい、目を離すどころか直視

 

よく見ると(←近視、遠視、乱視もち) お兄さんっていうより、、、、

おっさんやんけ

 

筋肉ばかりに目がいってよく見ていなかった

どうりでタンクトップを切ってみたりしているんや

と妙に親近感が湧き、相変わらず一段上の所でさりげなく自慢の筋肉をアピールしているこのおっさんの事を応援したくなった私である