地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。ギリホリから始まり移民プログラムで移民をし、アラブ系カナダ人と結婚。今は4歳と1歳の子育て中です

ストレンジャー コール 911

「歯を磨かないと虫歯になって歯を失うから

歯を磨こう」

 

「手を洗わないとバイキンたくさんで汚いから

手を洗おう」

 

「キャンディはヘルシーじゃないから食べない」

 

最近息子はこんな風に私や熊五郎、妹に指導する事が多い

その姿は先生のようで見ていて微笑ましいのだが、昨日幼稚園に迎えに行って帰ってきた熊五郎

「参ったよ〜 〇〇が道の真ん中でニカブを被った女性を指差して ストレンジャーコール911って叫んだんだよ」

ニカブとはイスラム教徒の女性が被っているもので髪だけ隠しているヘジャブとはまた違い、ニカブは全身真っ黒で目の所だけ開いている状態である (手も黒い手袋をしている)

 

数日前に消防士が息子の幼稚園にきて、安全について説明があったみたいで、不審な人物を見たらストレンジャー コール911 (日本でいう110)

と言うように教えられた息子。。。。

 

息子にとってヘジャブは見慣れているものだったが、どうやらニカブは違ったらしい

そういえば息子が3歳になった時も、ニカブの女性に向かい

「あなたは忍者ですか?」

と大変失礼な事を言ってくれた 平謝りする私にその女性は笑いながら忍者だったらカッコいいわね でも違うわよって言ってくれたが

不審者扱いされた今回のニカブの女性はどうだったのかと熊五郎に聞くと

「結構距離があったから聞こえていなかったみたいなんだ

でも周りの視線が僕に突きささったんだ。」

 

私は息子に

「もし見知らぬ人がアプローチしてきて、それが怖かったり、変だったら 大声で叫びなさい

でも世の中には色々な人がいるから見かけだけで判断するのは間違っている事もあるんやで」

と言って迎えた次の日

その日の朝は風が吹き寒かった

そんな中、幼稚園児を送りにきた親の中で1人ニットを被っている父親がいた

またそのニットがニカブのように目しか開いてなかったのである

私にはその人物が誰か分かった 息子のクラスメートの父親である

そして私達を知っているこの父親は

「おはよう!」

と息子に向かい挨拶。。。

覆面男にアプローチをされたと思った息子は

ストレンジャー コール911!!!」

と彼に向け指をさし叫んだ

私は超あせり

「クラスメートのお父さんやで!!! 本当にすいません」

と謝った。。 そのお父さんは笑ってはいたが

多分2度とあのニット帽を着用する事はないであろう。。

爽やかに挨拶をしたのに朝一から不審者に思われた僕は一体。。状態である

 

人を見かけで判断しないようにとは言いたいが

4歳の子にはなかなか難しい。。。。

悩む所である

 

 

 

担任が変わりまくる息子のクラス(その後)

初めての幼稚園、緊張で始まったが毎日楽しそうに通園している息子、夏休みまで残る所

約2ヶ月となった

息子のクラスにはメインの先生とアシスタントの先生2人で30名の園児をみている

 

息子の幼稚園と言えば、前にアメブロにも書いたのだが息子のクラスの担任がころころ変わるのが問題だった

というのもメインの先生Ms.Gが病欠で幼稚園開始から1カ月半ほどでいなくなり、次に入った臨時の先生もわずか2ヶ月あたりで去った

3人目の先生の時、周りの親たちは

いくらなんでも担任が変わりすぎだ

と不満を口にしていた

頼みのアシスタントの先生すら怪我のため数ヶ月休んでいた月もあった状態だった

 

そんな状態の息子のクラスは、他のクラスと比べたらまとまりがなかった

無理もない

4歳の子供達は先生に信頼を置いて幼稚園生活を過ごすはずが先生がころころ変わると、誰に信頼を置いていいのか分からなくなる 

先生が変わると方針も少しは変わるみたいで

今までもらっていた月がわりのカレンダーも

先生によってもらえなかったり親の方もやきもきさせられていた

 

そんな中、同じクラスのお母さんに

次に先生が変わる事があれば一緒に校長の所に来てくれるわね

と言われたが、さすがにもう数ヶ月しかないのだか、変わる事はないだろうと思っていたのだが

なんと、、、、、

先週末、息子が

「Ms.Nは今日で最後になるんだよ Ms.Gが帰ってくるんだ」

と突然言いだした 

幼稚園からは何の連絡もなく、さすがに残り2ヶ月.....それはないだろうと思っていた

 

だが、今日息子を送るとMs.Nの姿が見えず、代わりに病欠だったMs Gがいたのである

子供達はわずか最初の2ヶ月間だけの先生だったが覚えていてMs Gだ!と興奮していた

しかし親達は顔が思いっきり引きつっていたのである 心が読めた

「なんで今更。。。残り2ヶ月。。。」

そんな引きつった顔の親達に近づいてきたMs G

「なんだが入園式みたいだわ〜」

かなり上機嫌だった

実は病欠は噂で休んでいた理由は正式には教えてもらっていなかったので誰も病欠については何も触れず口では笑っているが目は笑っていない状態だった

 

そして幼稚園から帰り息子のバックパックの中を見ると紙が一枚入っていた

 

本日Ms.G戻ってきた事をお知らせします

これから、Ms.GとMr.Cは共にRoom〇〇の園児に対し高い質のある教育をしていきます

皆様のサポートをよろしくお願いします

校長より

 

だから、、、

2ヶ月きっとるがな

 

変わった後に来る手紙、そして病欠だったであろうMs.Gに対してなぜ今なのか?など言える訳もなく。。。

ただ息子が変化に敏感に反応はしていないか確かめるために軽くMs.Gの話題をふってみた

 

「マミィ 実はMs.Gはね〜   生きていたんだよ」

 

息子よ。。。。。あと2ヶ月楽しんでおくれ

 

 

 

 

 

 

風邪と花粉症が同時にきたら

昨日の夜あたりからクシャミが連発して出始めた

カナダでの花粉症がピークになってきたので

てっきり花粉症のせいだと思っていたが

シャワーを浴びて着替えても止まらないクシャミと鼻水、それに加えて左側の頭、目の奥がズキンズキンと痛んできて寒気もしてきた

これは花粉症ではなさそうだった

 

そういえば最近雨が降り気温が下がったと思えば、初夏を感じさせるぐらいに気温が上がったりしたので知らぬ間に身体にきていたのだろう

トレンディな魚屋になっている場合ではなかった(トレンチコート+長靴)

 

頭がかち割れる。。。。

 

寝る前に風邪薬を飲み、安静にしていたら朝方は少しましになっていたのでいつものように

息子のお弁当を作り、子供達の用意をし外に出た

天気も良く朝の空気は頭痛を和らげてくれた

家にいるより外に出た方がいい 

熊五郎のやつ、あながち間違っとらんな

 

というのも、寝込むほどの風邪でない時は菌が充満している家で安静にしているより外の空気を吸ったほうがいい  さあ公園を一周だ

これが熊五郎流風邪がマシになる方法

一歩すら歩きなくただ寝ていたい私とは正反対である

なんか風邪も気のせいのような、、、

私はマスクを外し新鮮な空気を思いっきり吸い込み少し吹く風を全身で受け止めた そうナウシカのように

 

花粉もね。。。。。

 

ここからが悲劇だった

風邪で目がしょぼしょぼしていたのが痒みがプラスされ、更に止まっていたクシャミが再発

目と鼻からは風邪と花粉のダブルアタックで

滝状態。。。泣きの演技をしてくれと言われたら間違いなくトップ女優に君臨するに違いない

 

止まっていた頭痛も帰り道で再発

風邪で抵抗力が弱まっている所に花粉症は本気できつい 

そして今はクシャミが止まらず鼻をかみまくり鼻から出血である

このまま副鼻腔炎、蓄のう症の道まっしぐら。。。

 

数日前にバースデーウィッシュで

健康を願っていた私って一体である

 

 

 

 

タイムカプセルは覚えておきましょう

世間がメーガン妃の第一子誕生に盛り上がる中

実は5月は私の誕生月でもある

一体いつからか、自分の誕生日というものを

忘れ気味になったのは。。。

誕生日どころか自分の年齢すら忘れてしまっている

確か20代や30代あたりでは今よりも年齢の事は気にしていたような気がする 

 

友人との会話の中にも

もうおばさんになってもたわ

←20才

老化したわ 

 

その頃の自分に言ってやりたい

そう言っているうちが華や

おばさん年齢になるとそんな事を言ってみた所で誰も否定してくれなくなる

 

そういえば大昔私が小学生のときに

タイムカプセル

というものが流行った

箱などの容器に〇〇年後の自分へと自分宛に手紙を書き、その時に持っていたものと一緒に箱に入れ目印になる木の近くに埋め、〇〇年後にその箱を開くという地味ながらにロマン溢れるタイムカプセル

その頃は〇〇年後に開いた時の自分を想像してはワクワクしていたに違いない

突然、今になって思い出したのである

あの箱はまだあるだろうかと。。。

だけど数十年前の話、箱の存在は思い出しても箱を埋めた場所を忘れるという愚かな女が私だ

多分一生思い出す事はないだろう

ふとこんな事を思った

もし誰にも発見されず、数百後いや数千年後に発掘されたら?

古代文明の証として世紀の発見になるのでは?

大昔 人類は手で字というものを書いてました

そして多くの学問者が何と書いてあるか調べぬき、、、、

ここまでは私の想像が大きく広がりまくった

しかし、よくよく考えると小学生の手紙

 

〇〇年後の自分へ

元気ですか?私は元気です

水泳上手くなりましたか?

野菜は食べたほうがいいよ

 

誰かがすでに発見してくれてますように

 

おっとバースデーウィッシュがこんなくだらない事になってはいけない

バースデーウィッシュと言えば、ここ数年はやはり家族の健康、これしかない

そして誕生日でも思う事は自分を産んでくれ

育ててくれた親への感謝である

いつからこう思うようになったのか自分が親になったからなのか、ただ確かな事は今が幸せであると言う事だ

そして今の私があるのは親のおかげ以外なにものでもない

 

ちまみに今年も誕生日は平常通りだったが息子に

「今日は何の日でしょうか?」

と質問してみた

「school の日」

「そうやけど、、、実は今日はマミィのバースデーでもありまーす」

「••••••••••• マミィ  違う!違うよ!!

バースデーじゃないよ」

「ケーキがないじゃないか!!ケーキがなければバースデーじゃない

マミィはまだ30歳だよ」

私(42歳)はムキになる息子を抱きしめたのである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレンチコート

先週の寒さはなんだったのか、今日は20度近くまで気温が上がったトロント

という事でやっとこさ今年初の春コートを着た

軽量のコートに気持ちも軽くはなったが、Hunterのブーツを着た私自身が魚屋や漁師にしか見えないのと同様、あいかわらずトレンチコートが似合わない女が私である

そして着こなせないのを分かっていながらも

毎年わずかな可能性、いけてるんちゅうかと信じ着てしまう

 

しかし去年あたりから私は自ら自己申告するようになった

「Hello! !」

「Hi ! 刑事のTsukiです」

これで相手が似合わないトレンチコートを着た女になんとコメントしたらいいのか分からない状況を自ら自己申告する事で笑いに変えられる

 

一度は少しでも似合うように巷ではどのように着こなしているのか周りを参考にしたこともあった

ベルトはバックル?にがっちりはめるのでなく、軽く結んで無造作にサイドで結ぶ

どうしても抜けきれない

リゾートでバスローブ感よ

ならばベルトは後ろで結んでみては

ダッシュでホシを追いかけている刑事

 

••••••••

 

そろそろトレンチコートはやめようか

そう思った矢先、4歳の息子が今朝

「マミィ、ぼくこれ好きだよ マミィクールだよ」

周りにどう思われようが自分の息子にクールと言われた瞬間、私は今年の春もこのトレンチコートでいく事を決定した

 

滅多に地味な私の服装を褒めない息子に褒められ私は心底嬉しかった

気分もそして天気も良く、息子を幼稚園に送ってから娘とバスに乗り買い物へ行った

するとある停留所でバスが止まり乗客が乗ってきたのだがその乗客の老人と私はおそろなった

じぃさんもトレンチコートを着ていたのだった

しかも同じスタイルの同じカラー。。。。

「じぃさんよ 頼むから横に座ってくれるなよ。。 うちらが2人並んだらなんかネタを披露しなあかんくなるで〜」

バスの中であんなに緊張した事はいまだかつてあっただろうか。。。

 

それにしてもあのじぃさん なかなかの着こなしを披露していたのである

バスの窓に映る自分と綺麗に整えられたじぃさんの髪を見て私は気づいてしまった

もしやこの地味な髪型のせいではなかろうかと

中途半端な位置で後ろにまとめた髪型を変えれば良いのではと。。。

 

バスを降り束ねたゴムをほどき長い髪をかきあげた私は刑事に見えなくなったが

80年代から90年代のトレンディドラマに出てきそうな女になっていたのである。。。

 

一体全体どうしてこうなるのだろうか。。

 

 

 

 

 

 

Planet Earth

前に息子が持ち帰った宿題の本の中でふくろうが蛾を捕らえお腹をすかせている子供達の元に運ぶ話を書いたのだがあれ以降息子は生命について興味がでてきたようである

そんな中NetflixPlanet Earth

を発見

Planet EarthはイギリスのBBC natural history unitが制作したドキュメンタリー番組だ

地球と生命の神秘、未知なる生き物達の生態を美しい映像で分かりやすく説明している

一度みると見続けてしまうぐらい引き込まれていく番組でもある

数あるうちからLife というタイトルのものを息子が選んだ

Lifeというタイトルからしてエグいものもありそうだと想像はできたが、Netflixの子供チャンネルにあったので、そこまでエグいものはないだろうと思ってはいたが、始まりから狩りだった。。。。

「違うの見ようか」

と言った私に息子は反対し、熊五郎

「これが現実なんだよ」

私自身は狩りのシーンは4歳の子供には早すぎるのではと思ったが息子は怖がることもせず

「これがLifeなんだよ ねっダディ」

とまさかの大人発言

 

もちろん狩りのシーンがずっと流れているわけではなく、産まれた時から成長するまでの過程や群れを守りながら生活する動物など、あたりまえだが同じ地球上にこんなに生き物が生息している事に感動した

日々多忙な毎日で視野が狭くなってしまっている現実にこの番組を見ると地球というのは

まだまだ素晴らしく美しい所だと思える

 

息子はPlanet Earthの番組が大好きになり、今まではスーパーヒーローやゲーム系だったのに

テレビをつけるといつもPlanet earthを見たいと言いだすようになった

 

しかし狩りの場面では平気だった息子が、猿が怪我のために息絶えた瞬間そして仲間達がその猿を囲み悲しんでいるように見える場面でいきなり泣き出した

狩りの死は理解できても怪我からの死は理解できなかったようで

「この猿、寝てるだけだよね 明日になったら起きるんだよね」

私はこの時、そうだよと言いそうになったが

生き物には死はどんな形であれやってくること

残念だけどこの猿は怪我がひどかったんやね

と真実を伝えた 

 

がっっ

始め狩りの所でこれが現実と言っていた熊五郎

「マミィ 何言っているんだ この猿は寝てるだけだよ」

ってか おいっ !

どうやら号泣する息子に真実は伝えられなかったらしい。。。

そしてそんな横で泣いている兄にティッシュペーパーを何枚も差し出しハグとキスをする妹の愛があった

 

Planet Earth 奥が深い番組である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レインブーツ

雨が続いているトロント

数年前は雨が降ればHunterのレインブーツを履いた人が街中に溢れていた

 

そんなHunterブームに私も一応乗っかってみた

ブームが去った後も雨が降れば私はこのHunterのレインブーツを履いているのだが、毎度思うことがあるお前は魚屋かと

 

全く様にもならずはっきり言って似合っていない

それでもレインブーツとしては頑丈で防水は良いのだから気にしなければいいのだが、ちょっとぐらいは周りで見かけるようなオシャレな感じにならないのかと思ったのが昨日

 

息子の幼稚園に送りに行くときはほとんどの日をスウェットパンツで行くのだがスウェットパンツをレインブーツに押し込んだ私の姿は魚屋を通り越し

荒海に命がけで漁に出る漁師そのもの、 海のHunterである

そんな事を思っていると、夫婦というものは考え方まで似てくるのであろうか

「Tsuki そのレインブーツを履いて〇〇ちゃん(娘)の横にいると、、、、

水族館のペンギンと飼育員

だよ、、 前までは悪党をやっつけるスーパーヒーローみたいだったけど」

 

••••••••••••

 

分かってはいたがここまでHunterのレインブーツを履きこなせていないのは私以外いるだろうか

 

でもこのHunterのレインブーツかれこれ7年ぐらい履いているのだが新品とはいかないが

かなりいい状態が続いている

どうやらしばらく雨が続きそうなトロント

 

「そこの奥さん、新鮮な魚まけとくで〜」

 


[ハンター] レインブーツ ORIGINAL TALL [並行輸入品] (ブラック/UK