地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。ギリホリから始まり移民プログラムで移民をし,アラブ系カナダ人と結婚。今は4歳と1歳の子育て中です

レディオ体操

夏休みに入ってから息子をサマーキャンプに送り出した後、娘と近所を散歩するのが日課になっている

 

あっという間に終わってしまう夏を出不精だった私も今年はカナダ人同様満喫しているのである

特にルートは決まっていなく、娘が行きたい所をテクテク歩いているのだが、なぜか娘が行く先はいつも決まっているのである

 

娘が毎朝たどり着く場所はちょっとした広場で

そこには10人のおばさま達が太極拳(タイチー)をしている

夏休み開始3週間になるが毎朝同じメンバーで同じ時間に開始されている

 

最初見た時はタイチーやっとるんかぐらいだったが、このおば様達は趣味を超えていたのである

チャラ〜ン チャ〜ラ〜 チャラチャラン〜

キョンシーが出てきそうな音楽が始まった途端におばさま達は本気だった

 

一通り終わると少し休憩が入り次は扇子の舞

真っ赤な腕の長さぐらいある扇子を動きが止まる前にバッサー 向きを変えてバッサー

このバッサーが結構スッキリする音を出すものだから私はずっと見ていた

 

扇子の舞が終わると、おばさま達疲れるどころか次は剣の舞を披露

 

これを毎日、欠かさずしているのである

それをまた欠かさず毎日見ている私と娘におばさま達も気づかないわけはなく、最近挨拶をするようになった

先日、たまたま休憩の時に横切りその時に少し話をした

 

おばさまの1人は可愛い子犬がいて、

(多分娘はおばさま達の華麗な太極拳よりもこの子犬が気になっているのは間違いない)

娘が指差していたのをおばさまが見て

「この子犬は中国語わかるのよ」

と私が中国人であると思ったようである

 

どうするものか、、、皆の目がこっちを見ている

これは私に中国語で話してみろ

との事なんだろう。。。

 

シェイシェイ(謝謝)

 

私は期待する子犬に向かってとっさに出た中国語を披露

場が固まった

 

 

全く反応を見せない子犬に

お前は何を言っているんだ

と言わんばかりの顔を見せるおばさま達

 

私は日本人です。。。

 

最初に言っておけば良かった

 

ほとんどのおばさま達は中国人だったが中に1人だけアフガニスタン出身のおばさんがいたのだが、まれな質問がきた

「日本人は何色が好きなの?」

今まで様々な日本人は?質問をされてきたが

色を聞かれたのは初めてだった

 

日本でのラッキーカラーなどあるのであろうか

 

今まで考えもしなかったし聞きもしなかった

そもそも色に興味がない私に答えられるわけもなかった

 

「中国はね〜よ」

 

こんな私でも想像はできた  中国の新年は赤まみれだからだ

 

はお祝い事に使われる いわばめでたい色なのよ」

と自前の真っ赤な扇子を昔のディスコのお立ち台にいたギャルごとく振り回していた

 

「でも犬はね、が嫌いなのよ」

 

確か犬って人間ほどの色覚はなかったような。。。 

いまだかつて犬が赤を怖がる所を見たことがなかった

 

バッサー バッサー

 

自分の子犬の向けてマハラジャダンスするおばさんは子犬じゃない私ですら怖かった 

 

そんな中いきなり

アフガニスタンではね、皆はが嫌いなのよ」

赤色を褒めたたえるおばさま達の中からよくぞ言えたものである

 

は血の色 私の祖国はご存知のように血で染まった時期があったの」

 

•••••••• 分かった、、、もうやめとけ

 

血を見たくないから人々はを嫌ったのよ」

 

全員沈黙

 

リーダーのおばさまが、続きを促してくれなかったら、、私がまとめのコメントを出さないといけない羽目になっていただろう

 

このようになかなかインパクトがあるおばさま達なのだが、私は彼女達だけが気になるのではなく、これまた毎日欠かさず近くのベンチにいる

インド人夫妻も気になっているのである

 

このインド人夫婦、太極拳を私のように見ているだけではなく座りながらヨガをしているのである

初めはこの夫婦は彼女達の真似をしているのかと思ったら全く違う動き、ヨガの動きなのである

 

ほかにもベンチがあるのになぜ彼女達の近くにいつもいるのか?

 

最近判明した

彼女達が欠けているミュージックに合わせて

ヨガをしているのである

太極拳とヨガのコラボである

ちょっと得した気分である

 

こういう風景を見ていると、そういえば幼い頃夏休みと言えばラジオ体操だった

彼女達のように毎朝同じ時間に広場に集まっていた

 

正直、休みなのに早起きしてまでラジオ体操なんてなんでしなあかんのか文句たらたらだった

ラジオ体操を半ば無理矢理に行っていたのは

ハンコをもらいたかっただけであった

 

あの時は幼かった

エネルギーに溢れていたし身体も自由に動いた

 

ラジオ体操なんて数十年していない

だがおばさま達を見ているとあのラジオ体操の

始まりの音楽が頭の中に回った

 

びっくりした事に数十年もしていなかったのに身体が所々を覚えていた

幼い時はダルかったラジオ体操が今してみると

身体はガチガチだが気持ちが晴れ晴れした

 

何この ラジオ体操の魅力

 

私は調子にのり

腕を前で交差して空を見上げる体操をそれは

ミュージカルに出てくるヒロインごとく羽ばたいた

 

最高やん!

 

ヒロインごとく笑顔で前を向いた瞬間

 

見てはいけないものを見てしまったが

今更見ていないよという顔ができない状況

息子のクラスメートA君のお父さんが目の前をHiと軽く挨拶し足早に去って行った。。。

 

私は新学期からミュージカルというあだ名になるのだろうか。。。

 

ちゃうんやで〜

これは日本では有名なラジオ体操やねん

ラジオ体操

レディオ体操

レディオ エクササイズ  ベリーフェーマス

なんです

 

1人ラジオ体操の壁は厚かった。。

 

 

 

 

 

 

 

さらば卵かけご飯

昨日、料理番組を見ていてあるシーンに

熊五郎

YUCK YUCK YUCK (オェー、ゲェー)

と連発した

 

その番組は日本のすき焼きを紹介していた

初めは薄切りにされた見た目から美味しさが伝わる牛肉に熊五郎

「これはマジで素晴らしいよ この良質の肉、そして美しい飾り付け、 アメージング」

紹介している人並みに感想を述べていた

 

「次に日本に行ったら、すき焼きはマストだよ

 なんて美味しそうなんだ」

 

と言っていたが、生卵が出てきた所で

 

「ohhhhh まさか卵を入れてしまうのか?」

 

どうやら卵を鍋に入れて調理するとと思ったらしく、まさかそのまま肉を生卵に浸して食べるなど全く想像出来なかった熊五郎

 

肉を生卵に浸して口に入れた紹介者を見た瞬間

ものごっつい顔になっていたのである

 

「卵は生、、、、?」

 

どう見ても生卵にしか見えないのを認めようとしない熊五郎

 

「生卵にディップして食べるんがすき焼きなんやで」

 

生卵を食べた事はなく、食べる人がいる事すら知らなかった男にとっては衝撃的だったらしい

 

私は日本にいた時はすき焼きや卵かけご飯は大好物であった

だがカナダに来て生卵を食する事は一切無くなってしまった

正直なところ

信用ならん

という所である

 

カナダに来て無駄に大きい野菜や果物を肉類を見てきて、何か得体の知れないものが加われているはずと疑ってきた

 

卵に関しては、やたら黄身が白く味がしない卵ばかりだった

それなりにお高い卵やオーガニック、Free run 

Free Range , Omegaなど一通り試してみたが

日本にある真っ黄きの濃厚な卵にたどり着いたことはいまだかつて無い

 

熊五郎が日本に行った時、実家で出された卵に

「こんな卵見たことないよ」

と黄金の卵を見つけたばりに感動していた

 

「卵ディップはキツいけど、日本の卵だと少しは分かる気がしてきた」

 

と言っていたが、次の卵かけご飯シーンで

「これはやっぱりTOO MUCH」

 

どんなに新鮮に見える卵も生ではやはり抵抗があるみたいである

不思議なことに

生卵を食しているシーンが続くと私自身も

少々気持ちが悪くなったのである

 

卵掛けごはんあんなに美味しかったやん

 

どうやら長年生卵を食べる習慣がないのが続くと周りにいるカナダ人同様の反応を起こす自分がいたのである

 

私自身も生卵を食する事は今後なさそうである

 

 

またあんたですか。。

ここ最近は義家族のドラマは全くなく、それはそれは平和な日々だったのに

最近我が家に熊五郎の弟の嫁スナイパーBが再びマシンガンを打ってきた

 

このくそ暑い日々に怒りの炎がメラメラなのである

 

事の発端はこうだ

数ヶ月前に義弟夫婦が念願のマイホームを購入した

 

我が家はこんな小さなコンドではなく新築の一軒家しか考えていない

 

と当時頑張ってコンドを購入した私達の前で

いけやシャーシャーとおっしゃっていた2人だが、トロントの住宅価格が高騰してどうやら

一軒家は無理と判断してコンドを購入しはった

 

それでも私は2人に

初のマイホームおめでとう!!

 

と伝えた

 

はい確かに伝えました

 

数日前、義母から熊五郎に電話があり

義弟夫婦が熊五郎超嫌味口調

Thank you

と言っていたらしい

 

どうやら引越しの手伝いをしなかった事と

お祝いの言葉がなかった事にThank You

らしいのである

 

(そんな所でThank You 使うな)

 

私はこの言い方が嫌いである

私達に無関心なんですねーありがとさん!

全くもって意味不明である 

 

そして遠回しに義母に伝える所がいつものパターンある

つまり周りを固めてトドメ刺し

 

(めんどくせーよーーーー)

 

引越しを手伝わなかった事は引越しは大変なものでましてや5人家族が引っ越すとなると当たり前だが大抵の家庭が引越し屋を雇うだろう

 

引越し業者はあてにならない! 物を壊されるだけだ。信用ならん!

 

引越し業者はプロで経験があるから信用して任せた方がいい

 

という熊五郎と私のアドバイスに全く耳を傾けず自分達で引越しをすると言い切ったのだ

 

熊五郎は以前友人の引越しを手伝い、開始早々ギックリ腰になり手伝うどころか友人の大きな荷物化になった事もあり、

一生引越しの手伝いはしない

と心に誓っていた

 

それを義家族全員にも伝えていたのだが、

そんな事を言っても手伝いに来るだろう

と思っていたのだろう。。

 

手伝ってくれなくてサンキュー

 

義母は熊五郎に引越しの手伝いの事はそんなに怒っていないけど(みんなの前で言っていたからだと思う)

祝いの言葉がないのには怒っているから

電話しなさい

と言ってきた  

義母は義弟夫婦が関わるドラマをできるだけ早く解決したかったのだろう

 

熊五郎は引越しが終わった日に

引越しはどうだったかい?

とテキストをしたが、その時に

おめでとうとは入れなかったらしい

 

というのも彼の中では購入した際におめでとうと言ったのでそれで良しと思ったらしい

 

コンドを見つけておめでとう

審査が通っておめでとう

購入おめでとう

引越しおめでとう

 

(っつうか何回言わなあかんねん)

 

若かれし頃の私は黙って入られず炎の中に入っていっていたが、もうね、、しんどいんよ。。

 

熊五郎、電話しておめでとう言い

 

次の日電話をしたが留守電に、、、そして

次の日も留守電、、、、

 

(めっちゃ怒ってるやん)

 

次の次の次の日、やっと電話にでた義弟

やたらとおめでとうを連呼している熊五郎

 

(アホらしわ)

 

会話は至って普通だったみたいだが私達には分かっている義弟の後ろで糸を操っているスナイパーBが全てを操作している事を

 

私はね、、、、、いつものように何も知らない女を演じ切りますよ、、、

無言が一番怖いんやで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考にならん整理整頓術

我が家には小さいながらにウォークインクローゼットなるものがある

ウォークインクローゼットと言えば開けたら服や靴がずらり並んでイメージがあるが

我が家のウォークインクローゼットは、そのまま雑貨店が開けそうなくらい様々なものが積み重なっている

 

最後にこのウォークインクローゼットを整理整頓したのは、、、、、、思い出せない

物は減るどころかどんどん増え続けていたのである

最近はドアを開ける度にうんざりしていた

 

限界にきていた私は前日にウォークインクローゼットを整理整頓する宣言をしたのだ

当日、熊五郎に子供達を託し私は開けたくない

ウォークインクローゼットを開けた

 

まさにゴミ屋敷化状態。。。

 

がぜんやる気だった私は掃除がはかどる90年代から2000年の邦楽をかけながらスタートした

地道に一つ一つ出来ない私はとりあえずクローゼットの中にあるもの全部を放り出したのである(←この時点ですでに失敗の道スタートしている)

 

それでも空にになったクローゼットを見て爽快な気分になった

掃除機をかけて綺麗になったクローゼットを見てすでに大満足した

 

ウォーーー なんだこれは??

 

公園から帰宅した熊五郎が叫んだ それを聞いて

私は我に返ったのだ。。。

散乱状態。。一体全体これどうするねん

 

ゴミ袋を開き、数年使用していないものはこれからも使用する事はないと誰かが言っていたのを思い出し断捨離スタート

 

だがバックミュージックでは懐メロが流れ、目の前には懐かし物が並んでいた

 

これこれ いやぁ〜 懐かしいわぁ

 

こんな調子だと整理整頓がはかどるわけもなく

時間だけが進んでいた。。

正直、かなりダルくなってきていた

懐かしい物に興奮していたのも始めのうちでだんだんと面倒くさくなってきてしまったのである

 

だが途中で止めれる状態ではなく、がぜんやる気はさっぱり無くなりブツブツ小言がでてきたが、履歴書でよく書いていた

最後までやり通すを実行した

そして約3時間かけて終了

ゴミ袋はSサイズ3枚使用(失敗確定)

 

そして私はウォークインクローゼットのドアを閉めて開けてみた

感想を言うと、、、

 

変わっとらん

 

少々見栄えが良くなったぐらいだった

3時間かけてこれかい

落ち込む私に熊五郎

うまい具合に積み重さねたね」

と褒めてくれた

 

そう言えば私は昔テトリスが得意だった

 

結論、、、

私の整理整頓術は断捨離ではなく、テトリス技を披露しただけだった。。。

 

 

 

 

 

 

そのまま

息子のサマーキャンプが始まり、どんなものかと思っていたが結構楽しめる内容で息子はすでにお気に入りのようである

 

もうじき2歳になる娘は去年と違い、動きまくっているので息子がサマーキャンプに行った後も私はフル稼働である

 

昨日サマーキャンプから帰ってきた息子が

What’s this ? ゲームをしようと言ってきた

このwhat’s this? ゲームは声に出さず仕草だけで何かを当てるごくごくシンプルなゲームなのだが、、、

 

まずは私から仕草をして息子が当てる事となった

腕を長い鼻にしてゾウさん

 

ぴょんぴょん跳んでカエルさん

 

身体をクネクネしてヘビさん

 

息子の好きなサメさん

 

とシンプルながらにヘトヘトになるこのゲーム

それでも当てた時の息子が可愛いくて身体を張った

 

「次は僕がするからマミィ当ててね」

 

そう言うと息子は身体を丸くした

すぐにカメさんだと分かったがワザと分からないフリをした

 

「なんやろかーーー??なんかの虫かな?

テントウ虫ちゃう?」

 

「違うで〜」

 

「ネコちゃんかな?」

 

「違うで〜」

 

「ダンゴ虫!」

 

「ちゃう!」

 

「とぐろを巻くヘビ!」

 

「ちゃうって!」

 

イラつき始める息子にためていた大正解の答えを告げた

 

「カメさんやー!」

 

「もーちゃうって!! マミィ 当ててよ」

 

まさかの不正解だった

そこから私は全アニマルを言ってみたぐらい

名前を並べたが息子の答えは

 

「違う!」

 

だった。。。

 

ヒントもくれない息子に

石?とヤケクソになってきた私

 

「もー降参降参! 一体なんなん?」

 

皆さん、想像できただろうか息子の答えを。。

 

 

「Human being 」

 

 

つまり

人間。。。。

 

そのままやないかぃ!!!!!!!

 

すぐに答えが出ると思っていたが、結局最後まで答えに繋がらなかった事に自信満々になっている息子だった

私はというと息子と初の漫才をしたような気になったのである

 

 

 

足の筋力作り

またまた息子の話題になってしまうが

息子の4歳検診の時に小児科医の先生に

「自転車に乗ったりスクーターに乗る練習をさせてね」

と言われた

 

 

ちなみにここでのスクーターとは日本では

キックスクーターもしくはキックボードと言われている

 

 

実は息子はなかなか片足ジャンプができなかったり、階段が苦手だったり、自転車がなかなか漕げない

コンドに住んでいると一軒家と違い階段を使う事がほとんどない

そして息子は高所が苦手なので階段を下るのに時間がかかってしまう

 

 

この夏、私は息子にスクーターを購入した

f:id:tsukicanada:20190628121219j:image

トロントでは夏場よく子供達がスイスイとスクーターに乗っているやつだ

 

 

昨日早速ヘルメットと共に到着した

このスクーターの良いところはキック力に加え、バランス力もつく

 

 

三輪のスクーターは経験した事があったが二輪は初めてで、バランスが取れずへっぴり腰になる息子

結構難しいのである

 

 

見本を見せたい所だが、運動不足でガチガチの

中年女がスイスイ乗れるわけもなく

結局Youtubeを解禁し息子に乗り方を見せたのである

 

 

息子は自分と同じくらいの歳の子がスイスイ乗るのを見て自分もできると思ったみたいだ

がぜん、やる気になっていたが、ふと

 

「マミィはなんで乗れないの?」

 

と不思議そうに言ってきた

「マミィが〇〇ぐらいの時はこれはなかったなー バランスといえば、、、、そうやな、、

竹馬や」

突然出てきた懐かしの竹馬に私はテンションが上がった

 

「たけうま?」

 

全く何か想像できない息子に竹馬の画像を見せた

「何コレ!! なんか面白い  お箸みたい」

と笑う息子。私は懐かしの竹馬拝見に幼い頃の記憶が蘇った

竹馬。。。

 

クリスマスプレゼントにサンタからもらったものである

初めて1人でバランスをとる事が出来た時の達成感

そして更に上をと練習を重ね

 

竹馬でバックオーライ

竹馬で小走り

竹馬でジャイアントステップ

来る日も来る日も練習を重ね青あざを作りながら完成した最終章

竹馬でジャンプ

 

 

そしていつの間にか一輪車にあっさり負けてしまい消え去った竹馬よ。。。。

あんたの時代はまた来るのか?

竹馬リターンズ

 

息子全く興味なし。。。

 

息子が私ぐらいの歳になった時、スクーターは過去のものになり新たな乗り物が開発されているのだろうか

 

多分その頃はタケコプターで空でバランスとかになっているのだろうか?