地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。ギリホリから始まり移民プログラムで移民をし、アラブ系カナダ人と結婚。今は4歳と1歳の子育て中です

イフタール

義親族A主催のイフタール(日没後の食事)に

行ってきた

(ラマダン用のプレート)

f:id:tsukicanada:20190525124907j:image

 

Aといえばアメブロの読者だった皆さんは覚えているだろうか?私の結婚式にアラブチックなメイクを施し私を歌舞伎役者にした本人、そして義弟の嫁Bと犬猿の仲の超派手派手アラブ女性である 

 

彼女はパーティ好きで有名で何かと人を集めパーティをする

今までも何回もパーティを主催してきては、その度に呼ばれてきた

だが多忙を理由に断り続けたのだが、さすがに毎回も断り続けるのは彼女に悪いと思い今回は行く事に決めたのだ

 

ラマダンのイフタールは今日は8:45pm 

アパートのドアが開いてそこに立っていたのは

ヘジャブを取った、超派手派手Aだった

「Tsuki ! やっときてくれたのね!」

フルメイクアップをしたシャンソン歌手のようなA  

髪を切った私を褒めてくれたが同じような髪型でもこんな差があるのか

 

リビングでは、ヘジャブを外したアラブ人女性がズラリ.......

(Aが主催のパーティーでは女性のみである)

 

イフタール前は皆断食で疲れ果て無言だったが、、、

イフタールが始まると徐々に本性が見えてくる

f:id:tsukicanada:20190525123038j:image

f:id:tsukicanada:20190525123042j:image

 

うるさっ

この言葉以外見つからんのだ

アラブ女性はよくしゃべるというか声がでかい

その中でもシャンソン歌手のようなAはやはり

ドン的存在である

 

「A、そういえばバケーションどうだった?」

1人の女性がAが最近行ってきた某国はどうだったのか聞いてきたのだが

「某国はそれはそれは良かったわよ もう一回すぐにでも行きたいわ! でも一つだけ残念な事があったのよ〜」

なかなかその残念な事を言わないAに皆が急かす

「〇〇人の男性は超ホットでスタイリッシュなのよね  でも どの男もめっちゃ臭いがな

 

きっつー 超ホットでもそりゃダメだわ

あんた次回行くときコロン持参しないと」

 

「次は撒き散らすわよ 1人ぐらい持って帰ろうかな ハッハッハッハッ」

 

(どの口が言うとるねん

あなた達全員香水つけすぎやで、、、、)

 

と思った矢先、1人の引いている女性発見

彼女はアラブ人ではなかった A の同僚の女性である

彼女はまさに私が数年前思った事と同じ気持ちだと確信した

アラブ人女性、見かけによらず結構会話がエグいのである

 

お腹いっぱい食事を食べた後はチャイ、ティータイムである

f:id:tsukicanada:20190525125015j:image

「さぁさぁ皆さん召し上がれ」

 

男の体臭の話題からどうやってデザートいけるのものなのか、、、、、

 

こうしてイフタールはまだまだ続くのであった

私は結局またしても場になじめず子供を使い

10:30on にアパートを出た

熊五郎(いとこ同士)に持って帰ってあげ」

こういう所はかなり気がきくシャンソン歌手Aである

 

だが、、、、、

バスの中 アラブ料理の匂いが充満しとるがな

 

バスの乗客は思ったはず

あのアジア人 めっちゃ匂うな