地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。ギリホリから始まり移民プログラムで移民をし,アラブ系カナダ人と結婚。今は4歳と1歳の子育て中です

小児歯科

半年前の幼稚園での歯の検診では虫歯はなかったが

息子のサマーキャンプも終わった事だし、幼稚園までは後3週間あるという事で近くの小児歯科に息子の歯のクリーニングとレントゲン、チェックアップを予約して今日行ってきた

 

Health centreの建物の中にはびっしりと様々なクリニックが入っており、今日行った小児歯科もその中の1つでクリニック自体は大きくはなかったが、さすが小児歯科である

 

入った途端に子供にとってはワクワクするように工夫されている

クリニック自体がカラフルで魚さんの壁紙やテレビはポケモンが流れ、本もたくさん置かれていた

 

そして隅にはNintendo Switch が設置

 

初めてだった息子は待たされたが全然問題なく

待ち合い室でかなり楽しんでいた

予約時間から15分遅れで呼ばれ、とりあえず一緒に部屋に入った

 

最初はクリーニングからで歯科衛生士さん登場

まずは息子にクリーニング中に見るDVDをどれにするか、コレクションの中から選ばせてくれてクリーニングが始まった

 

さすがである

 

穏やかに話し、不安を除いていく歯科衛生士さんの戦法

息子はリラックスしていた

 

そんな息子をもっと見ていたかったが、そうはさせないのが2歳になったばかりの娘である

周りの可愛いらしい飾り付けや物が気になってしょうがないのである

 

このままでは終わるまでは持たないと判断

私は娘を連れて退室した

 

クニーニングが終わり、レントゲン

レントゲンを許可する書類にサインをして

息子は三本(右、左、前)のレントゲンを撮った

 

そしてレントゲンを終えた息子は違う部屋に移動し、検診  

大丈夫かなと心配する私だったが

息子はかなり余裕な表情で戻ってきた

 

「お母さん、〇〇はとても良い子でしたよ」

 

「ありがとうございました」

 

「でも残念ながら左上の奥歯に小さな虫歯があります」

 

がっびーーーーーーん

 

まさかの虫歯。。。。。。。

 

自分の虫歯よりも数百倍ショックだった

私が歯で苦い思いをしてきたので息子や娘のケアはそれなりにしっかりしているつもりだった

 

小さい虫歯なので1日で終了し、麻酔も必要なしかもしれないらしいが。。。

 

すまん。。。息子。。。

 

頭が真っ白になった

 

「合計は287ドルです」

 

すばやく現実に戻ってきたよ

クリーニングとレントゲンと検診で300ドル弱。。。

 

カナダ、オンタリオ州は歯科以外の医療費は州のヘルスプログラムOHIPに加入していれば無料だが、歯科は実費か、個人または会社で保険に入る事になっている

 

大抵の歯科は保険でカバーされない何割かを受け付けで請求されるのだが、小児歯科は専門なので全額払ってから保険会社に請求(歯科がしてくれた)となっているらしい

 

幸いにも熊五郎の会社の保険が9割($258.30)払ってくれるらしく実費は28.7ドル

(銀行に振り込みなら2.3日

チェックだと2週間ぐらいに送られてくる)

 

助かった。。。。

 

独り身で保険がなかった頃は歯科治療が大きなストレスだった

 

 

そして虫歯治療は2週間後となった

 

「はぁ。。。。〇〇に虫歯があったとは。」

 

落ち込んでいる私に

 

「早く分かってよかったよ。ひどくなってからではもっとかわいそうだよ 連れて行ってくれてありがとう」

 

 

熊五郎よ。。。お前ってやつは 。。。

ありがさん。。。。、

 

「ってか歯医者もなんか見つけなきゃと必死なんだよ 不景気だろ

 

この能天気男

 

 

今日から我が家はさらにしっかり歯磨きとフロスも追加していく事にした