地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。ギリホリから始まり移民プログラムで移民をし,アラブ系カナダ人と結婚。今は4歳と1歳の子育て中です

愛妻弁当

夏休みの間に日本人ファミリー達と外出する事が何回かあった

そしてランチ時に目の前に広げられる色とりどりのライスボール

 

オニギリ

 

久しぶりにオニギリを食べると

私の中で眠っていた思い出が蘇ったのである

母親が握ってくれた懐かしいオニギリ

 

家に帰宅して熊五郎

「あれは一体何というものなんだ?」

 

一瞬

この男、、自称日本人と言いつつオニギリを知らんとは何たる事

 

とは思ったが全責任は私にある

実は今の今までオニギリを熊五郎に握った事がなかったのである

 

「日本ではランチボックスにオニギリが入っている確率は高いんやで」

 

といらぬ事を言ってしまったがために熊五郎

「オニギリかぁ〜いいなぁ」

とさりげなくオニギリ入れてくれアピールをしてきたのである

 

ランチを家から持っていくと宣言した去年

実際持っていったのは週に1-2回。。。

だいたいカナダ人の持参ランチは、サンドイッチやサラダ、昨晩の料理の残りなど、ほとんど手間がかからない

 

なので前の日に少し多めに作り持たせていたが

仕事の冷蔵庫に入れたままになる事が多々あった

 

熊五郎のやつ

一晩以上経った飯は箸が進まない

らしい

 

そんなこんなで外食が多くなっていた

それを黙って見ていたが、無駄な出費に目をつむり続ける事は出来ず

料理嫌いの私ではあるが、オニギリぐらいなら握れるだろう。。

 

という事で私は決心した

息子の幼稚園も始まる事だし、オニギリで勝負

 

熊五郎は朝7時に家を出る

という事は6時ぐらいに起きたら余裕で間に合うだろう

 

明日は熊五郎のやつ、感激で涙が頬を伝うだろう

 

 

朝6時起床

 

6時15分にご飯が炊ける

 

具無しのオニギリとゆかりの味が好きなのでゆかりオニギリと。。。

時間に余裕があるから、、、卵焼きでも作るか

ついでにチキンナゲットも入れて、、、

ミニトマトで色付けして

 

完璧じゃねぇ?

ってかこんなスイスイ作れるものやったのか?

今まですまない熊五郎

 

 

余裕のよっちゃんで終了

 

 

トイレトイレと。。。

 

 

と?

 

と?

 

ここはどこ?

 

目の前に広がるのはお弁当ではなく天井だった

 

(漫画みたいに飛び起きる事は可能らしい)

 

ガチャ 

ご飯!

ご飯、、が全然匂っとらん

なんと、、、、

我が家の炊飯器、ズボラな私の性格で時計が夏時間になっていなかった

つまり、、、6時にセットしたらが出来上がりは7時になる

 

ちーーーん

 

あの夢にみた完璧なお弁当は一気に遠ざかっていった

 

ここからは無我夢中

出来上がった本日の愛妻ランチはこちら

 

f:id:tsukicanada:20190903115411j:image

(ごまかしの果物が半分占めとるがな)

 

「緑(色)が多くてヘルシーなランチにしたから」

 

と、夫の健康を考える妻を演じたが、、、

果糖が多すぎると後で気づくのであった