地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。自力で移民してアラブ系カナダ人と結婚。今は5歳と2歳の子育て中です

夢で逢えたら

娘の昼寝と共に寝落ちした時に見た夢

 

自分の住んでいるコンドのプールを利用しようとプールに向かいドアを開けたらそこはいつも

利用するプールではなかった

 

川のようなプールになっていて泳いでいる人は競泳の選手みたいに華麗なフォームで優雅に泳いでいた

 

場違いやな。。。

 

泳ぐのをやめて、帰ろうとドアを開けたら

なんとそこは劇場のようになっていて、人々に流されるままに空席に座ったのだが、オペラのようなものが始まり、周りをみると正装の人々

自分はというと、、ビーサン

 

場違いやな。。。

 

そそくさとさっき預けた自分の荷物をコートチェックに取りに行ったのだが、なかなか自分の荷物を探してもらえず、半ば諦めかけていたら、総支配人が私の荷物を丁寧に持ち現れたのである

 

Tsuki 様ですね 

こちら特別な場所で保管させて頂きました

 

 

いや、おかしいやろ

水着とタオルしか入っとらんがな

 

と首を傾げながら出口に向かったのだが、出口を開けるとそこは地上まで続く長い波打つエスカレーター

 

 

とにかく景色が世界の絶景100選に選ばれてもおかしくないぐらいそれはそれは息を飲む美しさだった

 

写真、写真! 写真撮らなあかんってこれは

 

と携帯を取り出すが 波のように下がっていく

エレベーターでなかなか写真が撮れなかった

 

皆が歓声を上げるお城のような建物は逃さまいと構えて携帯の連写ボタンで連写し始めた

 

それは徐々に画面に出てきた

 

連写連写

 

そこ写っていたのは頭が電灯のように光って

手をさしのべている熊五郎だった

 

The end