地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。自力で移民してアラブ系カナダ人と結婚。今は5歳と2歳の子育て中です

日本のドラマあるある

子供達が寝静まった後、突然熊五郎

「前から思っていたんだけど、、、、

日本人ってよく走るよね」

 

意味不明

 

「朝、寝坊したり約束の時間に間に合いそうにない時、めっちゃ走ってるだろ」

 

なんの話や

 

「そこがWhyなんだ」

 

お前さんがWhyやけど、、、、

 

「何がいいたいのかさっぱり分からん

そもそも日本人が走っている所に遭遇したのか?」

 

「いや、ドラマの話」

 

•••••••••

もぅ突然、、なんやねん

 

ここ数年、熊五郎は日本のドラマにハマっている

 

ちなみに熊五郎が選ぶ日本ドラマ傑作トップ5

5位

銭の戦争

 

4位

クロコーチ

 

3位

ごめん、 愛してる

 

2位

Mozu 

 

1位

ギルティ 悪魔と契約した女

 

数々のドラマを見続け熊五郎の中で生まれた疑問

 

日本人は走りまくる

 

例えば寝坊して明らかに仕事に遅れるシーン

大抵が大急ぎで準備してダッシュ

熊五郎からすると

 

そこはタクシー呼ぶ所だろ

 

恋人が地方なり海外に行ってしまうまえに

伝えたい事がある→思いっきり走りまくる

 

そこはタクシー呼んだ方が明らかに早い

 

確かに一理ある

 

あくまでもドラマの中の話であるが海外のドラマだと急いでいる時はうまい具合に現れたタクシーに即乗り込む

 

そしてお決まりの渋滞に巻き込まれる

「awwwwww なんてついていない日なんだ。」

イライライライラ

なんとか渋滞を切り抜けて急いでタクシーから降りる

 

その距離やったら、、、

走れよ

となる

 

「日本人は自分の脚を信じとるっちゅう事やな

まっ臨機応変に対応できたらいいよな」

 

っていうか、こんなどうでもいい熊五郎の疑問にまともに答えている私って一体である

 

「急ぐという気持ちか、、、、 アラブ人だと

その日のうちに着けばいいんだよ、間に合わなかったらそれまでさ。 フフッ」

 

今までの経験上、驚かない自分がいた