地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。自力で移民してアラブ系カナダ人と結婚。今は5歳と2歳の子育て中です

ご飯にしますか?お風呂にしますか?

今の日本はどうなのだろうか?

昔はよくドラマやアニメで帰宅してきた夫に

ご飯にしますか?お風呂にしますか?

とスーツを脱ぐ夫に問いかける妻の姿があった

 

最近のドラマの中でも

ご飯にする?お風呂先に入る?

と妻が夫に尋ねるシーンを見る時がある

ご飯は食べてきた

とサラッという夫に

そうですか

と一言

 

私だったら

ご飯作る前を察して電話しぃんかい

とちゃぶ台をびっくり返すに違いない

 

カナディアンは日本人のようにバリバリに夜遅くまで残業をする人は少ない

熊五郎も、残業をしてもマックス1時間である

だから4時に終わる仕事の熊五郎は5時あたりに毎日帰宅するので大抵は家族全員で晩ご飯を一緒に食べる

 

いつも会社を出るときに

Leaving now(今から出るよ)

とテキストがくる

このテキストが来てから時間を計算して

熊五郎が到着する時に夜ご飯が食卓に並ぶようにしている

これをできるようになったのも、私が仕事を辞めたからでありフルタイムの時は帰宅してもご飯がなくお互い空腹でバトルが多々あった

結局作る時間も気力もなくデリバリーに頼ったりしていた

 

仕事から帰宅したらご飯がテーブルに並ぶ

温め直さなくてもよい

洗い物が一気に片付く

 

と状況はかなりいいのだが

 

熊五郎、、大抵時間バッチリに帰ってくるのに

帰ってきてからが長いのだ

 

出来立てのご飯が目の前にあるのに

今日は、やれこんな事があった

と仕事場での出来事を私に長々と報告

(上司か!)

 

子供達と長々とハグ

 

まーこれらはよしなのだが

一つだけイライラする時がある

それは

トイレに行ったらなかなか出てこないのだ

 

手を洗いにいくだけだと思うのでテーブルの上にはすでにご飯が揃っている

まだか?まだか? まだなんか?

おっちゃん

何やっとるんじゃい!!

 

そして爽やかになった熊五郎が出てきた時にはすでに料理は冷めている時が多い

という事で最近、私は帰宅した熊五郎にこう尋ねる事にしている

 

ご飯にしますか? 

ウ〇チにしますか?(真顔)