地味な女のカナダ生活

カナダのトロント13年目になりました。自力で移民してアラブ系カナダ人と結婚。今は5歳と2歳の子育て中です

なんだよ 草

昔から流行には疎かった

それは、巷で流行っている言い回しなども含まれている

 

日本でなら

最近の若者の言葉が分からん!

と首を傾げる己の時代は既に過ぎ去ったよ世代

のリーダー的存在に立派になっていそうな私だが

カナダに来てからはますます新語、流行語と言われている用語が分からなくなってしまった

 

ちなみに私が周りと同じように使っていた流行語と言えば

おっはー

が最後である

(だいぶ昔の話である)

 

 

それは便利になったネットの世界でもそうで 

ブログやツイッターを始めてからちょくちょく見るネット用語?の中に現れる

 

 

この言葉が全く何の意味があるのか分からなかった

 

そういう事もあるのですね 草

昨日の番組の〇〇のコメント最高! 草

 

なんや ソウ って

 

初めは語尾に意味なく使用していると思った

こんな私でも語尾に草をつければ、それなりに時代についていけていると思ったのだ

 

めっちゃ腹たったソウ

今から電話するソウ

 

ダジャレ感がかなり漂っている

違う気がする

 

張り切って何回も使用して実は間違っていたほど恥ずかしい事はない

一応私にも微かながらにプライドがある

 

なので、こっそり調べてみたのである

 

そもそもソウではなくクサと読むらしい

 

そして意味は

笑った ウケる 面白い

 

一体全体、草のどこに笑える要素があるんじゃい!!

 

カナダに来てから 笑いを示すのは

lol 

(Laugh(ing)out loud )

を使用している

 

どうやらこのは日本式の笑えた時に語尾につけるwつまりWaraiの頭文字wをとったらしい(←今知った女)

頭の片隅にはあったが日本式のwはほとんど使用した事がなかった

 

Warai のwと草のつながり

W =weed なのだろうか?

奥深いやん

 

と結構感心していたが正解は

wwwwwww が草が生えてるように見えるから

 

見えんわい

 

どこをどう見ても草に見えない私だが

意味がわかった今、ちょっとばかり使用したくなった

自分が時代の先端を行き、20年ぐらい若返りそうな気がした

こうなったら時代にしがみついてやる

 

今日の出来事

息子に冗談でビューティフルマミィと呼んでといったら、いつも会う掃除のおじさんの前でビューティフルマミィ

Oh!! Good boy!! とニコニコするおじさんに

マミィはビューティフルマミィって呼んでほしいみたいなんだ

と丁寧に説明 

おじさんの笑みが一瞬で消えた 

 

これでいいんか?

投稿してみるか?

 

と悩みまくっていたが、、、

実はこの草用語は最近にできたものではなく始まりは2000年前半という事を知ってしまったのである

 

へっ??

 

マジかよ 草