地味な女のカナダ生活

カナダのトロント14年目になりました。自力で移民してアラブ系カナダ人と結婚。今は5歳と2歳の子育て中です

間がもたない

Odai「これって私だけ?」

 

毎日同じ時間に息子の幼稚園の送り迎えをしていると、ほとんど毎日同じ顔ぶれなので話した事がない親たちでも挨拶をするようになった

 

すれ違いながらに挨拶をするのは全く問題はないが、偶然にも鉢合わせた場合息子の幼稚園まで一緒に歩くはめになる

 

こうなると挨拶のみでは間がもたず何か会話をしなければいけない状況に陥る

大抵、この場合救ってくれるのは

「きょうは寒いですね」

 

そう天気の話

無難な話題である

 

カナダの冬が寒いのは言わなくても誰もが分かっているが、挨拶だけの関係では天気以外に話す話題が出てこないのだ

向こうも同じ事を思っているのか

 

「この週末は荒れるみたいだわね」

と週間予報を教えてくれる

 

私も知っている情報を詳細に教える

「午後には気温が上がるみたいですけど風が強く体感温度はマイナス2桁のままみたいですよ」

 

「凍えるわね」

 

「寒いですね」

 

「本当寒い」

 

「来月はまた厳しい寒さ来ますね」

 

「そうね」

 

••••••••••••

 

「寒い寒い」

 

ここら辺で限界がくる

 

「じゃあ また」

 

ふぅ なんとか切り抜けた

 

「あっハロー」

 

ここでまた息子のクラスが出てくるまで待っている親達と会話。。。

 

「寒いですねー」

 

「この週末はめちゃくちゃ荒れるみたいですよ」

 

私はさっき道の途中で教えてもらった情報を早速使うのである

 

こうして温泉での卓球のようにスローな感じで一応ピンポンしているのだが

たまにスマッシュを打ちたくなるのが関西育ちである

 

「こんな寒いとバナナでクギ打てるで」

 

カナダ人には通じるだろうか。。。