地味な女のカナダ生活

カナダであれやこれや起こる日常を書いています

ライフ

気温が上がり真夏日が続くトロント

 

カナダに来た時は寒さに耐えれなかったが

ここ数年は暑さに耐えられなくなった

 

ちょっと歩いてくるよ

 

カナダ歴が私の倍以上ある熊五郎

相変わらず冬は超苦手(全く動かない)だが暑さには割と平気で

ナイスウェザー

と常に外に出たがる←アラブ人あるある

 

クウェートなんか50度近くまで上がって

外歩けないんだよ

28度なんて余裕余裕

 

と散歩に出て行った

帰宅して

暑いけど風が吹いているから清々しいしいよ

Tsukiも行っておいで

 

その言葉を信じて息子と散歩に出た

 

暑いわ

微風しか吹いとらんやんけ

 

引き返そうとしたが、息子がどんどん進むのでいつもの散歩コースに行った

 

マミィ 見て! ハエが飛んでる

マミィ 見て! ミミズがいる

マミィ、あれはちょうちょかな?蛾かな?

 

虫に興味がある息子は虫を探しては興奮気味に

私に教えてくれた

 

もっとカブトムシとかクールな虫おらんのかいな?

 

私は虫系は平気な方で虫にビビる事はほとんどない

苦手はネズミと鳥類である

 

息子と昆虫探しも夏の思い出を作るとするか

と息子と昆虫探しを始めたのだが、、、、

 

クールな昆虫類は見つからなかった

 

散歩も後半に向かった時に

目の前で何かが飛んだ

 

蛾かと思ったがよく見ると

 

トノサマバッタ

 

ではないか(多分)

 

超クール

 

〇〇見てみぃ あれ

 

おーーーマミィ 

あれはglasshoopper(バッタ)?

 

あれはトノサマバッタやで(英語が分からない時は日本語を通す) 

ちなみに英語ではLocusta migratoriaらしい

←絶対覚えられん

 

トノサマバッタ!!

 

目の前のトノサマバッタは華麗にジャンプしていた

 

トノサマバッタ、かっこえーな

 

その時だった

2.3歩先にスズメがトノサマバッタを狙っていた

 

トノサマ〜 逃げろ!

 

トノサマバッタは近づいて口を広げるスズメを辛うじて避けた

 

ハヒフヘホー

 

私は苦手な鳥が虫を狙って突進してきたのに

ビビりまくった

 

トノサマ 油断するな〜

奴はまた来るぞ〜

 

私はせっかく見つけたクールなトノサマバッタがスズメに捕まってほしくなかった

 

スズメ、諦めんかい

お前にはトノサマはデカすぎるんじゃい

 

なんとかトノサマバッタは逃げ切った

 

〇〇 良かった〜トノサマバッタ無事やったな

 

はしゃぐ私に息子はこう言った

 

マミィ、

あのスズメにもファミリーがいて

お腹を空かせた赤ちゃんが待っているかもしれない

スズメも生きるためにはトノサマバッタを食べなけばならないんだよ

ライフだね

(息子はPlanet earth の番組好き)

 

さっきまでトノサマバッタにばかり熱い声援を送っていた私って一体。。。。。

 

スズメよ すまん