地味な女のカナダ生活

カナダであれやこれや起こる日常を書いています

これは一体

息子と気晴らしに散歩に出かけた

さぁ今日はどんな虫を見つけられるかな?

 

前回の大目玉はトノサマバッタだった

 

マミィ、僕、セミを見つけたい

 

セミか、、、そういえば実家ではツクツクボウシがこれでもかと鳴いていた

あまりにも鳴くものだから思わずツクツクボウシと唄いセミとハモっていたどうでもいい思い出がある

 

カナダではセミが鳴いていても

実家の全力で鳴いているセミに比べたら可愛いもんで気にも留めなかった

 

セミおるやろか?

 

息子と歩いていると

 

ジィージィージィー

セミや!!

あの鳴き声はセミや!

 

マミィどこどこ?

 

ドデーンと立つ大木

息子のためと言っても少年のように木登りができるわけはなく、、、

 

セミどこ?

 

木のどこかにへばりついてるけど、めちゃ上の方みたいやね

 

それからもジィージィージィーと鳴く方向を目指して歩いた 

すると、、、、、

一本の木に何かがへばりついていた

 

きた〜 

これセミちゃう?

 

マミィこれセミだよ セミ

写真、写真撮って!!

 

はいはい 撮るで〜

 

何しとるんじゃ?

 

セミに夢中でじぃさんが後ろにいたのに

全く気づかなかった

 

セミだよ

 

Sammy ? 

 

(しまったセミの英語が分からん。。。)

 

おーそうかそうか

この虫にサミーって名前つけたんじゃな

 

ちゃうでー

そんなすぐ愛着湧かんで

 

あのねサミーじゃなくてセミだよ

 

スゥエミーかいい名前だ

てヨボジィーはセミを英語風に読んだらこうなるみたいな発音を披露

 

だからちゃうっつうねん

 

っていうか、、

ヨボジィー近い近い

ソーシャルディスタンス

 

コロナが無かったらヨボジィーともう少し話しても良かったが

ではよい日を

と言ってその場を去った

 

 

家に帰り大興奮の息子は早速熊五郎

みてみてセミ見つけたんだよ

と携帯で撮った写真を見せていた

 

良かった良かった

これで息子の夏の思い出が増えた

 

だがその後、熊五郎がこそっと言ってきた

あれはセミちゃうやろ

蛾ちゃうんか?

 

はあーーーーー?!

 

f:id:tsukicanada:20200721095333j:image


f:id:tsukicanada:20200721095337j:image

 

(周りにそういえば蛾が飛びまくっていた。。)