地味な女のカナダ生活

カナダであれやこれや起こる日常を書いています

新学期がまた延びる

通常なら9月の連休明け(9/8)に新学期が始まるのだが、遅れますというメールがきて

今年はリモートラーニングを選択している息子の初日は今週の木曜日からだった

 

なのに、木曜日に始まりますというだけで

全く詳しい情報は送られてこなかった

 

ほんまに始められるんか。。。

 

と思い始めた所、昨日メールが届いた

 

感染者が増え続けている事からかバーチャルスクールに変更する家庭が急増

先週だけで生徒数が66,000人から72,000人以上に増えて、その結果200クラスの追加が決まり

その対応で今週の木曜日の開始は難しくなった

との事だった

 

先週に子供2人を学校に送った知り合いがいる彼女が住んでいる所は都市からだいぶ離れた所(感染者も出ていない地域)で両親とも仕事があるため子供達を学校に通わせる事となった

 

学校に行き始めてわずか2日

子供達が鼻水と軽く咳が出始めた

新学期、これは本当によくあるケースだ

ナニーの仕事をしていた時も新学期や休み明けなどは必ずといっていいほど鼻をズーズーいわせている子供達を何人もみてきた

熱がなければ大丈夫と学校に通わせている家庭は多かった

 

だが今年はそういうわけにいかない

学校から配られた毎日のチェックシートに

あてはまってしまう(鼻水、咳)

知り合いはわずか2日で子供達を学校に送る事が出来なくなった

 

仕事を休み、子供達を連れて

コロナ検査へ

結局、結果が出るのは2日後という事で

その間は学校も仕事もなし

 

仕事場からは、

子供達が学校を休んでいる間、体調が完全に回復するまでは仕事場にこないように

 

と言われた

 

知り合いは

このままだと私は仕事を失ってしまうのでは

子供達は一体学校に何日行ける事になるのだろうか

 

そんな不安に駆られている

 

バーチャルスクールを選択した我が家も

冬になると夏のように広場で走らせる事もできず、運動不足になるのは目に見えている

オンラインの時間も長くなり視力低下も心配である

どこまで私が勉強を助けれるか。。

また友達と会えない事でストレスもたまるだろう。。。

 

と、考えれば考えるほど不安は出てくる

 

不安で憂鬱になっている私の横で熊五郎

今年は人生初のFlu shot(インフルエンザワクチン接種)か、、、、、

怖いな。。。

 

誰かハリセン持ってこーい