地味な女のカナダ生活

カナダであれやこれや起こる日常を書いています

不安症がひどい時

熊五郎がリモートワーク、息子もリモートラーニングとなっている我が家

いくら料理好きの熊五郎であっても仕事中はほとんど部屋から出てこない

となると平日の朝、昼、晩ご飯の用意は私である

 

娘と2人やったら昼は納豆ご飯、かつお節ご飯で満足やのに。。

 

何が面倒くさいかというと作る事より

メニューを考える事

週末は熊五郎が進んで料理をしてくれるので

恵まれてはいるが5日連続、朝、昼、晩、家族全員の食事を考えるのは料理嫌いな私にとってはストレスである

 

ということで限界日にはUber eatsを利用している

 

先週、Uber eatsでビザを初めて注文した

いつもはピザは店に直接電話をするのだが

その時は30%オフだったので(人の名前は覚えられないがディスカウントはしっかりと記憶)

Uber eats を利用

 

世の中便利になった

注文すると、予定の時間、ピックアップする人の情報、そしてその注文を常に追跡できる

だからいつ来るのかとモヤモヤする事はない

 

ピザいつ来るって?

 

6時ぐらいやって

 

それからも何回か注文がどのような状況か

チェックしていた

 

注文を準備中

 

ここから動かなかったのだがまだ到着予定時間は先だったので特に気にもしていなかった

 

すると私の携帯がなった

(コンドのブザーは私の携帯に鳴る)

突然の事だったので思わず確認せずに

解除ボタンを押してしまった

 

誰やったんや!?

 

Uber eats のアプリケーションはまだ準備中

 

ここで不安症の私に不安が押し寄せてくる

(熊五郎は運悪く仕事の電話中。。。)

きっと誰かが間違えてブザーを押してしまったんやろ

 

ってか、、、ふ、ふ、不審者かも知らん

 

ドアの穴から確認すると遠くから

帽子を深く被ってピザのバッグを持って歩いてくる人が見えた

 

Uber eatsのアプリはまだ準備中

 

何、何?

どっかで情報が漏れてピザを配達するのを装って、ドア開けたらライフルとかがピザ箱から出てくるパターンとかちゃうやろな

ってかあの雰囲気、前に見たバッチリ目が合ってしまった不審者に似てる気がする

 

〇〇と〇〇(子供達)

部屋に行き!

 

 

ドンドン

(カナダは日本のようにインターフォンがない家が多い)

とドアが叩かれた

 

Uber eats はコロナになってから配達してくれる人と接触しないように注文品はドア前に置いて去っていってくれるように設定している

 

いつものように配達人は去っていくと思いしや

ドア前から離れなかったのである

 

ますます焦った私は思わず

ピッツァ〜?

(お前、どこをどう見てもピザやないかい)

 

Yes

 

••••••••

開けるしかあらへん

 

ガチャ

はい どうぞ

エンジョイ!

 

と軽く爽やかに渡された

 

ふぅ、、、、、よかった、、、

 

わぁーーピザやピザや!

 

まぁてぇーーーい

触ったらあかん!

 

何や、何や?

 

叫んだ私の元にやっと現れた熊五郎

 

なぁ、Uber eats で注文したんやけど

アプリケーションではまだ準備中やねん

じゃあこれは?怪しない?

めっちゃ不安なってきたわ

店に電話してぇや

 

•••••••

携帯貸して

 

•••••••••••••

なんやの?

 

Tsuki ......ここ

 

指を差した携帯の場面

 

 

 

配達は店の人がします

 

 

 

ちっさっ

老眼でピントが合わん合わん

 

Uber eats に登録すんな

 

結局、夜中になってもUber eatsのアプリケーションは準備中のまま変わらなかった

(後で注文品を受け取り、予定時間には配達されていたと報告)