地味な女のカナダ生活

カナダであれやこれや起こる日常を書いています

Virtual school 最終日

息子(Grade1)オンライン学習が今日をもって

終了した

何もかもが新しい取り組みで先生も生徒も親も

てんやわんやだった開始月

 

大丈夫かいな

 

と不安はあったが、、、

 

先生がかなり頑張ってくれた

もちろん親である私もサポートをしなければ

ならなかったが、気づけばいつの日か

息子は1人で学習していた

息子に限らずほとんどのクラスメートが

自分でパソコンを操作して授業に参加していた

これはやはり先生のおかげである

 

我が家の場合はオンライン学習を選択してよかった

というのも学習面において息子の得意、苦手が

よく分かったからだ

 

幼稚園の時から読み書きが苦手だった息子

私としては言語だからすぐ習得するだろうと

あまり気にもしていなかったが

息子の様子を側でみると、これはあかん

と気づいた

読みができないと数学の課題もさっぱりなのである

 

それから先生に相談して、読み書きの練習を

真剣に始めた 

先生の忍耐と息子の努力にて、Grade1レベルに

とどいた

 

クラスメートも良かった

初めは画面で見るだけだったクラスメートとも

自由時間では楽しく話していたり、授業がスムーズに進む様に子供達だけで協力し合ったりしていた

先週の金曜日の午後は1か月かけて先生に内緒でバースデーパーティーと感謝会を計画したのを開催した

息子は先生へのポエムと全員でピクニックをしている絵を描いた

また写真付き感謝のメッセージ、ギフト、ケーキがサプライズで先生元に届いた

先生は感極まり泣いていた

 

私達はヒストリーを作ったわね

(初のバーチャルスクール)

 

と何度も繰り返し言っていた

 

今日はお互い別れを惜しみながらも

息子のGrade1 が終わった

 

9月からはまた選択制になる

我が家はバーチャルスクールがかなり良かったのとまだまだパンデミックが続いている事、息子も娘もオンライン学習を望んでいる事から

次もオンライン学習を選択する予定だったが

ここにきて悩んでいる

 

オンタリオ州、特にトロントはワクチン接種が進みコロナの新規感染者は減少してきた

(とは言えどもワクチン接種は12歳以上)

先日、TDSBからもなるべく次はin-classにするようにemailがきた

 

決断は8月5日から12日まで

インシャラー。。。。。